障害年金(国民年金、厚生年金)の受給資格の相談・手続き代行業務/アビリティ障害年金申請センター:大阪
障害者年金申請/アビリティ障害年金申請センター
TOPページ  認定事例  代行サービス  料金表  事務所案内  連絡フォーム  Q&A
最近の事例

障害基礎年金1級
てんかん

障害厚生年金2級
慢性腎不全

障害基礎年金2級
精神遅滞

障害厚生年金2級
関節リウマチ

障害基礎年金2級
ポリオ・内反足

障害厚生年金2級
多系統萎縮症

障害厚生年金2級
高次脳機能障害

障害共済年金2級
うつ病

障害厚生年金2級
パーキンソン病

障害厚生年金2級
腎不全・人工透析

障害厚生年金2級
肺がん

その他成功事例多数有り

障害年金のしくみ
障害年金受給資格
障害年金・等級表
障害認定日
障害年金の年金額
事後重症の障害年金
基準傷病の障害年金
20歳前傷病の障害年金
初診の証明が取れないとき
 

 障害基礎年金・障害厚生年金の年金額について



 国民年金:障害基礎年金の年金額

1.障害基礎年金の年金額(平成29年4月現在の額)

 障害基礎年金・1級・・・ 974,125円(+下記の子がいるときは子の加算あり)
 障害基礎年金・2級・・・ 779,300円(+下記の子がいるときは子の加算あり)

2.子の加算額

 受給権者がその権利を取得した当時、その者によって生計を維持していたその者の子(@18歳に達する日以後の最初の3月31日までの間にある子、及びA20歳未満であって障害等級1級又は2級に該当する障害の状態にある子に限る。)があるときは、子の数に応じ次の額が加算される。

 1人目、2人目の子 ・・・・ 1人につき 224,300円
 3人目以降の子 ・・・・・・・・ 1人につき 74,800円



 厚生年金:障害厚生年金の年金額の計算式

1.障害厚生年金の年金額

1級:報酬比例の年金額×1.25+配偶者加給年金額
2級:報酬比例の年金額    +配偶者加給年金額
3級:報酬比例の年金額(3級の場合:最低保証額:584,500円)

*報酬比例の年金額(@+A)

@平成15年4月1日以後の期間
 平均標準報酬額 ×5.481/1000×被保険者期間の月数

A平成15年4月1日前の期間
 平均標準報酬月額×7.125/1000×被保険者期間の月数

 *被保険者期間の月数が300に満たないときは、300として計算する。


2.配偶者加給年金額

 1級又は2級の障害厚生年金の受給権を取得した当時、受給権者により生計を維持していた65歳未満の配偶者がいるとき → 224,300円(平成29年4月時点)

*大正15年4月1日以前生まれの配偶者については年齢制限はありません。
*配偶者が老齢厚生年金(被保険者期間240月以上)、障害厚生年金、障害基礎年金等を受けることができるときは、その間、加給年金額相当部分の支給は停止となります。

*厚生年金(障害厚生年金)で2級以上の場合は、同時に国民年金(障害基礎年金)も支給されます。


障害年金のご相談・申請代行は、こちらをクリックして下さい。
【障害年金の相談】

Copyright© アビリティ障害年金申請センター(本部・大阪) All rights reserved.