障害年金(国民年金、厚生年金)の受給資格の相談・手続き代行業務/アビリティ障害年金センター:大阪
障害者年金申請/アビリティ障害年金申請センター
TOPページ  認定事例  代行サービス  料金表  事務所案内  連絡フォーム  Q&A
障害年金のしくみ
障害年金受給資格
 
障害年金・等級表
 
障害認定日
  
障害年金の年金額
 
事後重症の障害年金
 
20歳前傷病の障害年金
 
審査請求について 
 


 障害基礎年金・障害厚生年金



 障害年金の申請をしたが不支給だったとき

 障害年金が不支給となった場合、

 次の対策としては、

 @不服申立(審査請求、再審査請求)
 A改めて事後重症請求を行う。

 ことが考えられます。

 @不服申立(審査請求、再審査請求)をする場合、手続きに期限(60日以内)がありますので、早急に準備をしなければなりません。

 当事務所で審査請求を行う場合、まず提出した書類の控え(コピー)があれば、それを拝見させて頂き、審査請求または再審査請求を行うことで、不支給決定を覆す可能性があるかどうかを検討します。

 もし、提出した書類の控えがない場合は、手続きを行った年金事務所または市町村役場に書類のコピーをもらえるかどうか相談してください。

 A改めて事後重症請求を行う場合、期限は「65歳の誕生日の前々日」までに手続きを行わなければなりません。この場合は、改めて診断書等の書類が必要ですが、一度不支給になっていますので、症状が重くなってから、医師に相談した上で改めて事後重症請求をすることをお勧めします。

 特に、@の審査請求をする場合は、期限が非常に短いですので、もし、当事務所に代行依頼をご希望の場合は、できるだけ早い目にご連絡願います。

 審査請求事例・料金表

少しでも、可能性があれば、対策を検討したいと思います。


障害年金のご相談・申請代行は、こちらをクリックして下さい。
【障害年金の相談】

Copyright© アビリティ障害年金センター(本部・大阪) All rights reserved.