障害年金(国民年金、厚生年金、共済)の受給資格の相談・手続き代行業務/アビリティ障害年金申請センター
障害者年金申請/アビリティ障害年金申請センター
TOPページ  認定事例  代行サービス  料金表  事務所案内  連絡フォーム  Q&A





動画で学ぶ障害年金のしくみ


障害年金のしくみ
障害年金受給資格
 
障害年金・等級表
 
障害認定日
 
障害年金の年金額
 
事後重症の障害年金
 
基準傷病の障害年金
 
20歳前傷病の障害年金
 
初診の証明が取れないとき
 


糖尿病性慢性腎不全・障害年金の申請




■糖尿病性腎症による慢性腎不全 男性・50代

 15年程前から糖尿病の治療を受けていた。少しずつ糖尿病が悪化しているとのことであったが自覚症状がなく、体調は悪くはなかった。しかし、少し前から極度の倦怠感と咳が酷くなり、呼吸困難になることもあったため大きな病院に転院したところ腎不全を起こしており肺に水がたまっていたため緊急入院となった。その際に人工透析を受けるためのシャント手術を行い人工透析を開始した。現在、週に3回人工透析を受けている。

 このケースの場合も、初診日が15年前であり、初診の病院にはカルテが残っていなかったため受診状況等証明書を取得できませんでしたが、添付書類として会社の健康診断書の結果などを添付し、さらに2件目の病院で受診状況等証明書を取得することで年金事務所の受付をクリアしました。

 結果的には障害厚生年金2級の認定となりましたが、初診の病院での受診状況等証明書を添付できない状態で厚生年金が認められたレアなケースでした。

結果:障害厚生年金2級+障害基礎年金2級(事後重症請求)



 その他の障害年金受給事例(慢性腎不全)

 慢性腎不全(人工透析) 

 慢性腎不全(人工透析) 

 多発性嚢胞腎(人工透析)

 糖尿病網膜症・慢性腎不全



  障害年金・受給事例 
うつ病 脳出血 がん リウマチ
 腎不全 てんかん 眼 パーキンソン病
 

遡及(さかのぼり)申請・事例


障害年金・無料・電話相談
平日・9:00〜18:00


キャンペーン実施中!
【料 金 表】

072-288-1671

厚生年金、国民年金、国家・地方公務員共済組合、
公立私立学校共済組合、市町村職員共済組合の
障害年金に対応しています。

障害年金のご相談・申請代行は、こちらをクリックして下さい。
【障害年金の相談】

Copyright© アビリティ障害年金申請センター All rights reserved.