障害年金(障害者年金)の手続き代行業務(国民年金、厚生年金)/アビリティ障害年金センター(大阪本部)
障害者年金申請/アビリティ障害年金申請センター
TOPページ  認定事例  代行サービス  料金表  事務所案内  連絡フォーム  Q&A
障害年金のしくみ
障害年金受給資格
 
障害年金・等級表
 
障害認定日
  
障害年金の年金額
 
事後重症の障害年金
 
20歳前傷病の障害年金
 
審査請求について 
 
大阪府内の年金事務所
 
キャンペーン実施中!

【料金表】



アビリティ障害年金センターは、大阪狭山市、堺市、松原市等、大阪府全域を対象に活動しています。 


 ・大阪狭山市にお住まいの方へ|うつ病での障害年金の事例


 

■障害年金・受給事例 うつ病・大阪府・30代


 数年前から転勤先の上司や他の社員と人間関係がうまくいかず、陰湿ないじめや嫌がらせが続いていた。職場には他に相談できる相手もなく孤立状態が続き、ひとり悩んでいた。仕事のストレス以外にも子供の学校のことで、精神的にまいってしまい、次第に考えがまとまらなくなった。不眠も続き、集中力に欠け、仕事のミスも増えるなど、何をするにも意欲が低下した。

 心身の疲労が蓄積し、何もする気が無くなり仕事にも行けなくなったことで、家族が心配し、心療内科を受診した。うつ病と診断され、医師からは仕事を休むように指示され、その日から休職となった。休職期間中は、ほとんど起きることができなくなった。外出もできず一日中寝込んでいる状態が続き、会社からは退職勧奨を受け退職。その後、耳鳴りが酷くなり幻聴のようなものが始まった。しかし、家族が言うには何も音は聞こえていないと言う。

 これまで、普通にできたことができなくなって自己嫌悪に陥る。いっそうのこと、大量服薬して、このまま死ねたらと思うことが度々ある。抑うつ気分、倦怠感、思考停止、不眠などの症状が続いていた。

 当事務所でサポートした結果、障害年金2級が認定された。

 
結果:障害厚生年金2級+障害基礎年金2級

 うつ病・双極性感情障害・障害年金認定事例(多数実績有り)

障害年金の専門事務所・近況
 
お電話お待ちしています。

アビリティ年金センター
電話相談・無料

072-288-1671




お客様の感想

料金表(成功報酬)

よくある質問(Q&A)


審査請求について

  障害年金・認定事例 
うつ病 脳出血 がん リウマチ
 腎不全 てんかん 眼 パーキンソン病
 

遡及(さかのぼり)申請・認定事例


障害年金・無料・電話相談
平日・9:00〜18:00


キャンペーン実施中!
【料 金 表】

072-288-1671

大阪狭山市にお住まいの方へ
厚生年金、国民年金、国家・地方公務員共済組合、
公立私立学校共済組合、市町村職員共済組合の
障害年金に対応しています。

障害年金のご相談・申請代行は、こちらをクリックして下さい。
【障害年金の相談】

Copyright© アビリティ障害年金申請センター All rights reserved.