障害年金(国民年金、厚生年金)の受給資格の相談・手続き代行業務/アビリティ障害年金申請センター
障害者年金申請/アビリティ障害年金申請センター
TOPページ  認定事例  代行サービス  料金表  事務所案内  連絡フォーム  Q&A
障害年金事例

脳・神経の障害
くも膜下出血 
脳動脈瘤破裂
 
脳性麻痺、小児麻痺 
脳梗塞(片側上下肢麻痺) 
脳内出血
パーキンソン病(症候群)

心臓・循環器の障害
特発性拡張型心筋症 
大動脈弁置換術後 
(人工弁装着)
 
拡張型心筋症
 
心筋梗塞、狭心症

肢体の障害
関節リウマチ 
ポリオ後遺症 
腰部脊柱管狭窄症 
股関節変形性関節症
 
内反足・ポリオ 
多発性硬化症 
HTLV-1関連脊髄症 
シェーグレン症候群
 
全身性エリテマトーデス 
ギラン・バレー症候群 
変形性股関節症
(人工関節)
 
筋萎縮症候群、肢帯型筋炎
びまん性軸索損傷(事故)
シャイ・ドレーガー症候群 
多系統萎縮症
 
ビュルガー病・バージャー病 
脊柱管狭窄症・腰椎椎管狭窄症

精神疾患
広汎性発達障害 
うつ病・躁うつ病
精神発達遅滞 
非定型精神病 
統合失調症
統合失調症感情障害
 
てんかん 
強迫性障害 

腎臓疾患
慢性腎不全(人工透析) 
慢性腎不全(人工透析) 
多発性嚢胞腎(人工透析)

眼の障害
網膜色素変性症 

聴力の障害
感音性難聴 両耳硬化症 

呼吸器疾患
肺切除後遺症(交通事故) 
原発性肺高血圧症 

血液・その他の疾患
肺がん(肺扁平上皮癌)
子宮体癌
 
直腸癌(人工肛門造設) 
ホジキンリンパ腫 
胸腺癌 舌癌 
フォン・ウィルブランド病 



 スティーブンスジョンソン症候群・障害年金に関する相談内容



スティーブンスジョンソン症候群 沖縄県 

[ 初診時の年金の種類 ]
初診日の年金の種類:厚生年金

[ 件名 ]
代行申請についてよろしくおねがいします。

[ 本文 ]
昨年春頃に病院で診察した際にスティーブンスジョンソン症候群と診断されました。この病気にかかってから、毎日微熱程度の熱が続くようになりました。その他、間接が痛くなったり、体のだるさがでたりして仕事をするのも困難な状態です。

主治医からは入院をするように言われたのですが、経済的な理由もあり入院していません。それからというもの上記の症状が出て仕事も出来ない状態になってしまいました。今の私の状態がこんな感じなのですがそれでも障害年金申請を受ける事が出来るでしょうか?

■回答

初診日より1年6か月以上経過していますので障害年金の申請手続きはいつでもできます。常に微熱があり、医師からは入院を勧められていること、就労が困難な状態となってきたこと、などを考慮すると障害等級(3級以上)に該当することは考えられます。まずは主治医に相談されることをお勧めします。

*初診日が国民年金の場合は、3級はありませんので、2級以上に該当した場合、障害基礎年金が支給されます。

 沖縄県の障害年金申請窓口

 
お電話お待ちしています。

電話相談・無料
072-288-1671




お客様の感想

料金表(成功報酬)

よくある質問(Q&A)


審査請求について

  障害年金・受給事例 
うつ病 脳出血 がん リウマチ
 腎不全 てんかん 眼 パーキンソン病
 

遡及(さかのぼり)申請・事例


障害年金・無料・電話相談
平日・9:00〜18:00


キャンペーン実施中!
【料 金 表】

 電話相談・無料(全国対応)

 072-288-1671

厚生年金、国民年金、国家・地方公務員共済組合、
公立私立学校共済組合、市町村職員共済組合の
障害年金に対応しています。

障害年金のご相談・申請代行は、こちらをクリックして下さい。
【障害年金の相談】

Copyright© アビリティ障害年金申請センター All rights reserved.