障害年金(国民年金、厚生年金)の受給資格の相談・手続き代行業務/アビリティ障害年金申請センター
障害者年金申請/アビリティ障害年金申請センター
TOPページ  認定事例  代行サービス  料金表  事務所案内  連絡フォーム  Q&A
障害年金事例

脳・神経の障害
くも膜下出血 
脳動脈瘤破裂
 
脳性麻痺、小児麻痺 
脳梗塞(片側上下肢麻痺) 
脳内出血
パーキンソン病(症候群)

心臓・循環器の障害
特発性拡張型心筋症 
大動脈弁置換術後 
(人工弁装着)
 
拡張型心筋症
 
心筋梗塞、狭心症

肢体の障害
関節リウマチ 
ポリオ後遺症 
腰部脊柱管狭窄症 
股関節変形性関節症
 
内反足・ポリオ 
多発性硬化症 
HTLV-1関連脊髄症 
シェーグレン症候群
 
全身性エリテマトーデス 
ギラン・バレー症候群 
変形性股関節症
(人工関節)
 
筋萎縮症候群、肢帯型筋炎
びまん性軸索損傷(事故)
シャイ・ドレーガー症候群 
多系統萎縮症
 
ビュルガー病・バージャー病 
脊柱管狭窄症・腰椎椎管狭窄症

精神疾患
広汎性発達障害 
うつ病・躁うつ病
精神発達遅滞 
非定型精神病 
統合失調症
統合失調症感情障害
 
てんかん 
強迫性障害 

腎臓疾患
慢性腎不全(人工透析) 
慢性腎不全(人工透析) 
多発性嚢胞腎(人工透析)

眼の障害
網膜色素変性症 

聴力の障害
感音性難聴 両耳硬化症 

呼吸器疾患
肺切除後遺症(交通事故) 
原発性肺高血圧症 

血液・その他の疾患
肺がん(肺扁平上皮癌)
子宮体癌
 
直腸癌(人工肛門造設) 
ホジキンリンパ腫 
胸腺癌 舌癌 
フォン・ウィルブランド病 


 


 ポリオ後症候群(ポストポリオ)の障害年金の認定



障害年金のご相談・申請代行は、こちらをクリックして下さい。
【障害年金の相談】


これまで障害年金におけるポリオ後症候群(ポストポリオ)の認定に当たっては、国民年金・厚生年金保険障害認定基準に基づき、「ポリオに起因する疾病」として、ポリオで初めて診療を受けた日をもってポリオ後症候群(ポストポリオ)の初診日とする取扱いを行ってきました。

ところが、近年におけるポリオ後症候群(ポストポリオ)に対する医学的知見等を踏まえ、ポリオ後症候群(ポストポリオ)に係る障害認定については、今後、次のとおり取り扱うことを公表しました。

(注) ポストポリオとは小児期にポリオに罹患し、いったん回復して通常の社会生活を送っていたポリオの既往歴をもつ成人に見られる、運動・感覚・呼吸など種々の機能障害の総称。(長島淑子氏論文「ポリオ後症候群」より引用)

平成18年2月17日付けの「社会保険庁運営部年金保険課」の資料によると、国民年金及び厚生年金保険での認定については、以下のような認定基準が公表されました。

■障害年金におけるポリオ後症候群の取扱いについて

今後の障害認定におけるポストポリオの取扱い

医療専門家の意見を聴取したところ、ポストポリオの障害を有する方については、

@ 過去にポリオの既往歴があるものの、ポリオウイルスは検出されない(ポリオによる麻痺は残る。)

A 相当な期間を経過した後に新たに筋力低下などの要素が加わることにより種々の機能障害が発生する

ことが指摘された。

これを踏まえ、ポリオに罹患しなければポストポリオは発症しないという意味で、両者は因果関係があるが、ポストポリオは@及びAの性質を有するため、今後は、「ポリオに起因する疾病」としてとらえるのではなく、障害年金の認定上「別疾病」としてとらえ、初診日については、ポストポリオについて初めて医師の診療を受けた日とする取扱いとした。

なお、次のア〜エの全ての要件を満たした場合に国民年金及び厚生年金保険の障害認定上ポストポリオとして取り扱うこととし、障害の程度の認定については、認定基準に基づいて行うこととする。

ア 新たな筋力低下及び異常な筋の易疲労性があること

イ ポリオの既往歴があり、少なくとも一肢にポリオによる弛緩性運動麻痺が
  残存していること

ウ ポリオ回復後ポストポリオを発症するまでに、症状の安定していた期間
  (おおむね10年以上)があること

エ アの主たる原因が、他の疾患ではないこと



Copyright© アビリティ障害年金申請センター All rights reserved.