障害年金(国民年金、厚生年金)の受給資格の相談・手続き代行業務/アビリティ障害年金申請センター
障害者年金申請/アビリティ障害年金申請センター
TOPページ  認定事例  代行サービス  料金表  事務所案内  連絡フォーム  Q&A
障害年金事例

脳・神経の障害
くも膜下出血 
脳動脈瘤破裂
 
脳性麻痺、小児麻痺 
脳梗塞(片側上下肢麻痺) 
脳内出血
パーキンソン病(症候群)

心臓・循環器の障害
特発性拡張型心筋症 
大動脈弁置換術後 
(人工弁装着)
 
拡張型心筋症
 
心筋梗塞、狭心症

肢体の障害
関節リウマチ 
腰部脊柱管狭窄症 
股関節変形性関節症
 
内反足・ポリオ 
多発性硬化症 
HTLV-1関連脊髄症 
シェーグレン症候群
 
全身性エリテマトーデス 
ギラン・バレー症候群 
変形性股関節症
(人工関節)
 
筋萎縮症候群、肢帯型筋炎
びまん性軸索損傷(事故)
シャイ・ドレーガー症候群 
多系統萎縮症
 
ビュルガー病・バージャー病 
脊柱管狭窄症・腰椎椎管狭窄症

精神疾患
広汎性発達障害 
うつ病・躁うつ病
精神発達遅滞 
非定型精神病 
統合失調症
統合失調症感情障害
 
てんかん 
強迫性障害 

腎臓疾患
慢性腎不全(人工透析) 
慢性腎不全(人工透析) 
多発性嚢胞腎(人工透析)

眼の障害
網膜色素変性症 

聴力の障害
感音性難聴 両耳硬化症 

呼吸器疾患
肺切除後遺症(交通事故) 
原発性肺高血圧症 

血液・その他の疾患
肺がん(肺扁平上皮癌)
子宮体癌
 
直腸癌(人工肛門造設) 
ホジキンリンパ腫 
胸腺癌 舌癌 
フォン・ウィルブランド病 


 


 血液・造血器疾患による障害について



血液・造血器疾患による障害の程度は、次により認定する。

■認定基準
 
1.認定基準

血液・造血器疾患による障害については、次のとおりである。
 
令別表
障害の程度
障害の状態
国年令別表
1級
身体の機能の障害又は長期にわたる安静を必要とする病状が前各号と同程度以上と認められる状態であって、日常生活の用を弁ずることを不能ならしめる程度のもの
 
2級
身体の機能の障害又は長期にわたる安静を必要とする病状が前各号と同程度以上と認められる状態であって、日常生活が著しい制限を受けるか、又は日常生活に著しい制限を加えることを必要とする程度のもの
厚年令別表第1
3級
身体の機能に、労働が制限を受けるか、又は労働に制限を加えることを必要とする程度の障害を有するもの
 
血液・造血器疾患による障害の程度は、自覚症状、他覚所見、検査成績、一般状態、治療及び症状の経過等(薬物療法による症状の消長の他、薬物療法に伴う合併症等)、具体的な日常生活状況等により、総合的に認定するものとし、当該疾病の認定の時期以後少なくとも1年以上の療養を必要とするものであって、長期にわたる安静を必要とする病状が、日常生活の用を弁ずることを不能ならしめる程度のものを1級に、日常生活が著しい制限を受けるか又は日常生活に著しい制限を加えることを必要とする程度のものを2級に、また、労働が制限を受けるか又は労働に制限を加えることを必要とする程度のものを3級に該当するものと認定する。
 
2.認定要件

(1)血液・造血器疾患は、医学研究の進歩によって、診断、治療法が特に著しく変化しつつある。したがって、血液・造血器疾患の分類は、研究者の見解によって多少異なる分類法がなされている。
 
(2)血液・造血器疾患の主要症状としては、顔面蒼白、易疲労感、動悸、息切れ、頭痛、めまい、知覚異常、出血傾向、骨痛、関節痛等の自覚症状、発熱、黄疸、心雑音、舌の異常、感染、出血斑、リンパ節腫大、血栓等の他覚所見がある。
 
(3)検査成績としては、血液一般検査、血液生化学検査、免疫学的検査、鉄代謝検査、骨髄穿刺、血液ガス分析、超音波検査、リンパ節生検、骨髄生検、凝固系検査、染色体分析、遺伝子分析、骨シンチグラム等がある。
 
(4)血液一般検査での検査項目及び異常値の一部を示すと次のとおりである。
検査項目
単位
異常値
   
軽度
中等度
高度
   
以上〜未満
以上〜未満
末梢血液
ヘモグロビン濃度
g/dl
9〜10
7〜9
7未満
赤血球数
万/μl
300〜350
200〜300
200未満
白血球数
個/μl
2,000〜4,000
1,000〜2,000
1,000未満
顆粒球数
個/μl
1,000〜2,000
500〜1,000
500未満
 
リンパ球数
個/μl
600〜1,000
300〜600
300未満
 
血小板数
万/μl
5〜10
2〜5
2未満
骨髄
有核細胞
万/μl
5〜10
2〜5
2未満
巨核球数
/μl
30〜50
15〜30
15未満
 
リンパ球
20〜40
40〜60
60以上
出血時間(Duke法)
6〜8
8〜10
10以上
APTT(基準値)
基準値の1.5倍〜2倍
基準値の2倍〜3倍
基準値の3倍以上
 
(5)個別の各疾患に用いる検査法は、それぞれ異なっており、さらに、前記(4)に示した検査項目の他にも免疫学的検査を中心にした様々な特殊検査があり、診断、治療法は日々進歩している。さらに、血液・造血器疾患の病態は、各疾患による差異に加え、個人差も大きく現れ、病態も様々である。したがって、検査成績のみをもって障害の程度を認定することなく、認定時の具体的な日常生活状況等を把握して、総合的に認定する。
 
(6)血液・造血器疾患による障害の程度を一般状態区分表で示すと次のとおりである。
 
一般状態区分表
区分
一般状態
無症状で社会活動ができ、制限を受けることなく、発病前と同等にふるまえるもの
軽度の症状があり、肉体労働は制限を受けるが、歩行、軽労働や座業はできるもの 例えば、軽い家事、事務など
歩行や身のまわりのことはできるが、時に少し介助が必要なこともあり、軽労働はできないが、日中の50%以上は起居しているもの
身のまわりのある程度のことはできるが、しばしば介助が必要で、日中の50%以上は就床しており、自力では屋外への外出等がほぼ不可能となったもの
身のまわりのこともできず、常に介助を必要とし、終日就床を強いられ、活動の範囲がおおむねベッド周辺に限られるもの
 

 各等級に相当すると認められるものの例示
 


障害年金のご相談・申請代行は、こちらをクリックして下さい。
【障害年金の相談】

Copyright© アビリティ障害年金申請センター All rights reserved.