障害年金(国民年金、厚生年金)の受給資格の相談・手続き代行業務/アビリティ障害年金申請センター
障害者年金申請/アビリティ障害年金申請センター
TOPページ  認定事例  代行サービス  料金表  事務所案内  連絡フォーム  Q&A
障害年金事例

脳・神経の障害
くも膜下出血 
脳動脈瘤破裂
 
脳性麻痺、小児麻痺 
脳梗塞(片側上下肢麻痺) 
脳内出血
パーキンソン病(症候群)

心臓・循環器の障害
特発性拡張型心筋症 
大動脈弁置換術後 
(人工弁装着)
 
拡張型心筋症
 
心筋梗塞、狭心症

肢体の障害
関節リウマチ 
ポリオ後遺症 
腰部脊柱管狭窄症 
股関節変形性関節症
 
内反足・ポリオ 
多発性硬化症 
HTLV-1関連脊髄症 
シェーグレン症候群
 
全身性エリテマトーデス 
ギラン・バレー症候群 
変形性股関節症
(人工関節)
 
筋萎縮症候群、肢帯型筋炎
びまん性軸索損傷(事故)
シャイ・ドレーガー症候群 
多系統萎縮症
 
ビュルガー病・バージャー病 
脊柱管狭窄症・腰椎椎管狭窄症

精神疾患
広汎性発達障害 
うつ病・躁うつ病
精神発達遅滞 
非定型精神病 
統合失調症
統合失調症感情障害
 
てんかん 
強迫性障害 

腎臓疾患
慢性腎不全(人工透析) 
慢性腎不全(人工透析) 
多発性嚢胞腎(人工透析)

眼の障害
網膜色素変性症 

聴力の障害
感音性難聴 両耳硬化症 

呼吸器疾患
肺切除後遺症(交通事故) 
原発性肺高血圧症 

血液・その他の疾患
肺がん(肺扁平上皮癌)
子宮体癌
 
直腸癌(人工肛門造設) 
ホジキンリンパ腫 
胸腺癌 舌癌 
フォン・ウィルブランド病 


 


 聴覚の障害〜障害年金の申請



障害年金のご相談・申請代行は、こちらをクリックして下さい。
【障害年金の相談】

聴覚の障害による障害の程度は、次により認定する。
 
■認定基準

1.認定基準

聴覚の障害については、次のとおりです。
 
令別表
障害の程度
障害の状態
国年令別表
1級
両耳の聴力レベルが100デシベル以上のもの
 
2級
両耳の聴力レベルが90デシベル以上のもの
   
身体の機能の障害が前各号と同程度以上と認められる状態であって、日常生活が著しい制限を受けるか、又は日常生活に著しい制限を加えることを必要とする程度のもの
厚年令
別表第1
3級
両耳の聴力が、40センチメートル以上では通常の話声を解することができない程度に減じたもの
別表第2
障害手当金
一耳の聴力が、耳殻に接しなければ大声による話を解することができない程度に減じたもの

2.認定要領

聴覚の障害による障害の程度は、純音による聴力レベル値(純音聴力レベル値)及び語音による聴力検査値(語音明瞭度)により認定する。
  
(1) 聴力レベルは、オージオメータ(JIS規格又はこれに準ずる標準オージオメータ)によって測定するものとする。
  
(2) 聴力レベルのデシベル値は、話声域すなわち周波数500、1000、2000ヘルツにおける純音の各デシベル値をa,b,cとした場合、次式により算出する。
  
平均純音聴力レベル値=(a+2b+c)/4
  
なお、この算式により得た値が境界値に近い場合には
((a+2b+2c+d)/6)の算式により得た値を参考とする。 
a:周波数500ヘルツの音に対する純音聴力レベル値
b:周波数1000ヘルツの音に対する純音聴力レベル値
c:周波数2000ヘルツの音に対する純音聴力レベル値
d:周波数4000ヘルツの音に対する純音聴力レベル値
  
(3) 最良語音明瞭度の算出は、次によるものとする。 
ア 検査は、録音器又はマイク付オージオメータにより、通常の会話の強さで発声し、オージオメータの音量を適当に強めたり、弱めたりして最も適した状態で行う。 
イ 検査語は、語音弁別能力測定用語音集により、2秒から3秒に1語の割合で発声し、語音明瞭度を検査する。なお、語音聴力表は、「57s式語表」あるいは「67s式語表」とする。 
ウ 語音明瞭度は、次式により算出し、語音明瞭度の最も高い値を最良語音明瞭度(語音弁別能)とする。
語音明瞭度=(正答語音数/検査語数)×100(%)
  
(4) 「身体の機能の障害が前各号と同程度以上と認められる状態であって、日常生活が著しい制限を受けるか、又は日常生活に著しい制限を加えることを必要とする程度のもの」とは、両耳の平均純音聴力レベル値が80デシベル以上で、かつ、最良語音明瞭度が30%以下のものをいう。
  
(5) 「両耳の聴力が、40センチメートル以上では通常の話声を解することができない程度に減じたもの」とは、次のいずれかに該当するものをいう。 
ア 両耳の平均純音聴力レベル値が70デシベル以上のもの 
イ 両耳の平均純音聴力レベル値が50デシベル以上で、かつ、最良語音明瞭度が50%以下のもの
  
(6) 「一耳の聴力が、耳殻に接しなければ大声による話を解することができない程度に減じたもの」とは、一耳の平均純音聴力レベル値が80デシベル以上のものをいう。
  
(7) 聴覚の障害(特に内耳の傷病による障害)と平衡機能障害とは、併存することがあるが、この場合には、併合認定の取扱いを行う。
 

Copyright© アビリティ障害年金申請センター All rights reserved.